• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ

 劇場前には開場前から長蛇の列ができていた。

 28日、東京・下北沢の本多劇場で公演中の舞台「魔術」が上演2日目を終えた。

 主演はデビュー30年にして舞台初挑戦となった中山美穂(46)。芸能界の注目度は高く、ロビーには岩井俊二、田中麗奈など中山宛てだけで20を超える祝花が。また、平日にもかかわらず男性客よりも中山と同世代とおぼしき女性を中心に多くのファンが詰めかけ、会場は超満員。通路に補助席をつくって観劇する客もいた。

 いざ幕が上がると、舞台では百戦錬磨の勝村政信(52)や萩原聖人(44)が安定した芝居を繰り広げる中、スーツケースを引いた中山が登場。途中、セリフを噛んだりアカペラで音程をはずしながら歌を口ずさむ場面もあり、どこかテレビドラマとは勝手が違う様子のミポリンだったが、舞台上で演じる役は「15年の結婚生活を送るも夫に愛想を尽かされ出て行かれた女」という設定。勝村の「ちょっと奥さん!」という言葉に「独身です!」とツッコむシーンは妙にリアルだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る