• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ

 劇場前には開場前から長蛇の列ができていた。

 28日、東京・下北沢の本多劇場で公演中の舞台「魔術」が上演2日目を終えた。

 主演はデビュー30年にして舞台初挑戦となった中山美穂(46)。芸能界の注目度は高く、ロビーには岩井俊二、田中麗奈など中山宛てだけで20を超える祝花が。また、平日にもかかわらず男性客よりも中山と同世代とおぼしき女性を中心に多くのファンが詰めかけ、会場は超満員。通路に補助席をつくって観劇する客もいた。

 いざ幕が上がると、舞台では百戦錬磨の勝村政信(52)や萩原聖人(44)が安定した芝居を繰り広げる中、スーツケースを引いた中山が登場。途中、セリフを噛んだりアカペラで音程をはずしながら歌を口ずさむ場面もあり、どこかテレビドラマとは勝手が違う様子のミポリンだったが、舞台上で演じる役は「15年の結婚生活を送るも夫に愛想を尽かされ出て行かれた女」という設定。勝村の「ちょっと奥さん!」という言葉に「独身です!」とツッコむシーンは妙にリアルだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る