日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫は夜の店で妻の悪口 それでも小倉優子が離婚しない理由

 なぜ離婚しないのか。「ゆうこりん」ことタレントの小倉優子(33)のことだ。昨年8月、第2子を妊娠中に、カリスマ美容師で夫の菊池勲氏(46)の不倫が発覚。その後、離婚は“秒読み”といわれてきたが、いまだに離婚には至っていないという。

 それどころか、菊池氏の“女遊び”は加速しているようだ。発売中の「フライデー」が、夜な夜な会員制キャバクラに通う菊池氏の姿をキャッチ。そこで菊池氏はゆうこりんについて「全然かわいくねーよ」「ヨメさん、女として見れないから」「本とか出してるクセに(料理が)マズいんだよ」と暴言を連発しているらしい。これが本当なら、まさに“キング・オブ・ゲス”の名にふさわしい所業だ。

「昨年、さまざまなゲス不倫が発覚しましたが、その中でも“ゲス中のゲス”といわれたのが、菊池氏の不倫でした。小倉が妊娠6カ月の状態の時に、小倉と同じ事務所の後輩タレントに手を出した。しかも20歳も年下です。菊池氏はバツイチで、その離婚原因も浮気だった。ここまでくると、もはや病的と言っていいでしょう」(芸能リポーター)

 昨年の不倫騒動では、不倫相手の後輩タレントが事務所をクビになり、とりあえずは一件落着。ゆうこりんとしては、CM契約を結ぶクライアントとの兼ね合いもあり、“離婚”という形を取らなかったようだが、さすがに今回の暴言は我慢ならないだろう。年内には離婚か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事