• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫は夜の店で妻の悪口 それでも小倉優子が離婚しない理由

 なぜ離婚しないのか。「ゆうこりん」ことタレントの小倉優子(33)のことだ。昨年8月、第2子を妊娠中に、カリスマ美容師で夫の菊池勲氏(46)の不倫が発覚。その後、離婚は“秒読み”といわれてきたが、いまだに離婚には至っていないという。

 それどころか、菊池氏の“女遊び”は加速しているようだ。発売中の「フライデー」が、夜な夜な会員制キャバクラに通う菊池氏の姿をキャッチ。そこで菊池氏はゆうこりんについて「全然かわいくねーよ」「ヨメさん、女として見れないから」「本とか出してるクセに(料理が)マズいんだよ」と暴言を連発しているらしい。これが本当なら、まさに“キング・オブ・ゲス”の名にふさわしい所業だ。

「昨年、さまざまなゲス不倫が発覚しましたが、その中でも“ゲス中のゲス”といわれたのが、菊池氏の不倫でした。小倉が妊娠6カ月の状態の時に、小倉と同じ事務所の後輩タレントに手を出した。しかも20歳も年下です。菊池氏はバツイチで、その離婚原因も浮気だった。ここまでくると、もはや病的と言っていいでしょう」(芸能リポーター)

 昨年の不倫騒動では、不倫相手の後輩タレントが事務所をクビになり、とりあえずは一件落着。ゆうこりんとしては、CM契約を結ぶクライアントとの兼ね合いもあり、“離婚”という形を取らなかったようだが、さすがに今回の暴言は我慢ならないだろう。年内には離婚か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  3. 3

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

もっと見る