オペラ初台本の林真理子氏 作曲家からの過激要望明かす

公開日:

「これが私の人生最後のオペラ作品になると思って書いています」

 こう意気込むのは、作曲家の三枝成彰氏(74)。28日、同氏が満を持して取り組むオペラブッファ「狂おしき真夏の一日」(10月27~31日公演)の制作発表会見が行われたのだが、スタッフ陣の顔ぶれからして豪華であった。

 たとえば、台本を担当するのは林真理子氏(62)。来年のNHK大河「西郷どん」の原作者でもあり、赤裸々なエッセーを多数執筆する売れっ子作家だが、オペラの台本は今回が初めて。オファー時、プライベートでも親交の深い三枝氏からは過激なリクエストがあったそうで……。

「とにかく『ゲイと裸とレズ』を出せと言われました。ですので、初っぱなからゲイが海パン一丁で登場するシーンを書きました。皆さまのド肝を抜くようなオペラになると思っております」

 名作「フィガロの結婚」と「ばらの騎士」をオマージュした同舞台。オペラファンならずとも楽しめそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る