• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中森明菜 戸籍抜き心閉ざした“歌わぬ歌姫”の寂しい35周年

 中森明菜(50)は「中森」ではなくなったのか――。明菜が家族に無断で戸籍から自分の籍だけを抜いていた、と発売中の「女性自身」が報じている。

 父の明男さんによれば、ある日実家を訪れた明菜の所属事務所関係者から「明菜が中森家の戸籍を抜けたいと言っている」と言われ、後日、実際に何者かによって戸籍が抜かれていたという。さらに、事務所関係者が実家にある明菜の荷物をすべて持ち去ったのだとか。「女性自身」は3年前から明菜の父ら親族の近況や切ない心情を報じている。明菜は21年前にがんで亡くなった母・千恵子さんの葬儀以来、一切姿を見せていないという。

 14年末のNHK紅白に出演し、4年ぶりに芸能活動を再開させた明菜。昨年1月にアルバムを発売したものの、テレビはおろか公の場に姿を見せる機会はなし。

 今月1日はデビュー35周年の記念日だったが、ライブやコンサートの予定はない。親族とも完全に“決別”してしまった明菜はどんな心境なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る