広瀬すず超えたの声も 杉咲花“W受賞”を評論家はどう見た

公開日:

 第40回日本アカデミー賞授賞式(3日)で華ある女優賞を総ナメにしたのは、「湯を沸かすほどの熱い愛」。主演の宮沢りえ(43)、助演の杉咲花(19)がそれぞれ最優秀に輝いたのだ。

 同作は上映館数90で封切られたローバジェットの一本。中野量太監督(43)のオリジナル脚本に魅了されて出演を決めた宮沢は3度目の同賞受賞だが、「アカデミー会員の映画関係者にファンが多く、順当の結果といえるでしょう。最近の彼女は気鋭の監督作品に出演したり、若手俳優との共演も積極的。映画界の人材を育てようという意欲も強くて、第2の吉永小百合の呼び声も高い」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 そんな公私ともにノリノリの実力派女優の背中を見て学んだのが、杉咲だ。「お母ちゃん(宮沢)とは血のつながりを超えた関係を築けた気がする」と振り返った彼女の演技について、作家でアイドル評論家の中森明夫氏はこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る