日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広瀬すず超えたの声も 杉咲花“W受賞”を評論家はどう見た

 第40回日本アカデミー賞授賞式(3日)で華ある女優賞を総ナメにしたのは、「湯を沸かすほどの熱い愛」。主演の宮沢りえ(43)、助演の杉咲花(19)がそれぞれ最優秀に輝いたのだ。

 同作は上映館数90で封切られたローバジェットの一本。中野量太監督(43)のオリジナル脚本に魅了されて出演を決めた宮沢は3度目の同賞受賞だが、「アカデミー会員の映画関係者にファンが多く、順当の結果といえるでしょう。最近の彼女は気鋭の監督作品に出演したり、若手俳優との共演も積極的。映画界の人材を育てようという意欲も強くて、第2の吉永小百合の呼び声も高い」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

 そんな公私ともにノリノリの実力派女優の背中を見て学んだのが、杉咲だ。「お母ちゃん(宮沢)とは血のつながりを超えた関係を築けた気がする」と振り返った彼女の演技について、作家でアイドル評論家の中森明夫氏はこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事