• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清水富美加「暗黒女子」は中年男性向け 評論家が推すワケ

 法名・千眼美子こと清水富美加(22)と、飯豊まりえ(19)がダブル主演を務めた映画「暗黒女子」(東映)の客入りがすこぶる悪い。春休み中なのに全国各地の映画館はガラッガラ。閑古鳥が鳴きまくっているのだ。

「公開初日(4月1日)は割安で観賞できるサービスデーでしたが、オープニング2日間の興行収入はたったの3000万円。最終でも1億円いくかどうか厳しい。大コケと言わざるを得ません」(映画興行関係者)

 本来なら「ひるなかの流星」(東宝)や「PとJK」(松竹)と並んで、大手映画会社による三つどもえの“学園ムービー合戦”で多くの客足が見込めるはずだった。それが今年2月、清水が「幸福の科学」への出家を電撃発表、芸能界引退騒動にまで発展したのは周知の通り。「暗黒女子」は一時公開自体も危ぶまれたが、上映したら「同団体の“組織票”が期待できる」との声も一部で上がっていた。それが蓋を開けたら、客入りはイマイチどころかイマサン、イマヨンだから救われない。もっとも、その内容は決して悪くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る