日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清水富美加「暗黒女子」は中年男性向け 評論家が推すワケ

 法名・千眼美子こと清水富美加(22)と、飯豊まりえ(19)がダブル主演を務めた映画「暗黒女子」(東映)の客入りがすこぶる悪い。春休み中なのに全国各地の映画館はガラッガラ。閑古鳥が鳴きまくっているのだ。

「公開初日(4月1日)は割安で観賞できるサービスデーでしたが、オープニング2日間の興行収入はたったの3000万円。最終でも1億円いくかどうか厳しい。大コケと言わざるを得ません」(映画興行関係者)

 本来なら「ひるなかの流星」(東宝)や「PとJK」(松竹)と並んで、大手映画会社による三つどもえの“学園ムービー合戦”で多くの客足が見込めるはずだった。それが今年2月、清水が「幸福の科学」への出家を電撃発表、芸能界引退騒動にまで発展したのは周知の通り。「暗黒女子」は一時公開自体も危ぶまれたが、上映したら「同団体の“組織票”が期待できる」との声も一部で上がっていた。それが蓋を開けたら、客入りはイマイチどころかイマサン、イマヨンだから救われない。もっとも、その内容は決して悪くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事