清水富美加「暗黒女子」は中年男性向け 評論家が推すワケ

公開日:

 法名・千眼美子こと清水富美加(22)と、飯豊まりえ(19)がダブル主演を務めた映画「暗黒女子」(東映)の客入りがすこぶる悪い。春休み中なのに全国各地の映画館はガラッガラ。閑古鳥が鳴きまくっているのだ。

「公開初日(4月1日)は割安で観賞できるサービスデーでしたが、オープニング2日間の興行収入はたったの3000万円。最終でも1億円いくかどうか厳しい。大コケと言わざるを得ません」(映画興行関係者)

 本来なら「ひるなかの流星」(東宝)や「PとJK」(松竹)と並んで、大手映画会社による三つどもえの“学園ムービー合戦”で多くの客足が見込めるはずだった。それが今年2月、清水が「幸福の科学」への出家を電撃発表、芸能界引退騒動にまで発展したのは周知の通り。「暗黒女子」は一時公開自体も危ぶまれたが、上映したら「同団体の“組織票”が期待できる」との声も一部で上がっていた。それが蓋を開けたら、客入りはイマイチどころかイマサン、イマヨンだから救われない。もっとも、その内容は決して悪くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る