紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

公開日:

「事前に表明していましたから、意思をくんでお声掛けしませんでした」。細川たかし(66)の出場辞退について紅白のチーフプロデューサーはこう語った。白組演歌勢は46回目の五木ひろし(68)の後は、17回目の氷川きよし(39)、3回目の福田こうへい(40)、2回目の三山ひろし(36)、山内恵介(33)の5人、平均年齢は43.2歳と大幅に若返った。



 発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演会見で語ったのは福田こうへい。今年7月に解決したという事務所移籍問題に関しては「今日の天気のように晴れ晴れ。(解決後は)笑顔が多くなったね、と言われます。(新曲について)実感はありますね」と語るほど、実は紅白出場への手ごたえを見せていた。

 それもそのはず、実は福田の集客力は演歌界でピカイチだからだ。コンサート動員力ランキング(日経エンタテインメント12月号)では33位。上位50位に演歌でランクインしたのは35位の氷川きよしと2人だけ。Sexy Zoneが38位とジャニーズにも勝るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る