• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

「事前に表明していましたから、意思をくんでお声掛けしませんでした」。細川たかし(66)の出場辞退について紅白のチーフプロデューサーはこう語った。白組演歌勢は46回目の五木ひろし(68)の後は、17回目の氷川きよし(39)、3回目の福田こうへい(40)、2回目の三山ひろし(36)、山内恵介(33)の5人、平均年齢は43.2歳と大幅に若返った。



 発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演会見で語ったのは福田こうへい。今年7月に解決したという事務所移籍問題に関しては「今日の天気のように晴れ晴れ。(解決後は)笑顔が多くなったね、と言われます。(新曲について)実感はありますね」と語るほど、実は紅白出場への手ごたえを見せていた。

 それもそのはず、実は福田の集客力は演歌界でピカイチだからだ。コンサート動員力ランキング(日経エンタテインメント12月号)では33位。上位50位に演歌でランクインしたのは35位の氷川きよしと2人だけ。Sexy Zoneが38位とジャニーズにも勝るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る