紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

公開日:

「事前に表明していましたから、意思をくんでお声掛けしませんでした」。細川たかし(66)の出場辞退について紅白のチーフプロデューサーはこう語った。白組演歌勢は46回目の五木ひろし(68)の後は、17回目の氷川きよし(39)、3回目の福田こうへい(40)、2回目の三山ひろし(36)、山内恵介(33)の5人、平均年齢は43.2歳と大幅に若返った。



 発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演会見で語ったのは福田こうへい。今年7月に解決したという事務所移籍問題に関しては「今日の天気のように晴れ晴れ。(解決後は)笑顔が多くなったね、と言われます。(新曲について)実感はありますね」と語るほど、実は紅白出場への手ごたえを見せていた。

 それもそのはず、実は福田の集客力は演歌界でピカイチだからだ。コンサート動員力ランキング(日経エンタテインメント12月号)では33位。上位50位に演歌でランクインしたのは35位の氷川きよしと2人だけ。Sexy Zoneが38位とジャニーズにも勝るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る