コンサート完売、番組DVDまで 「合唱ブーム」到来の兆し

公開日:

 BSは視聴者の年齢層が高いといわれる。時代劇、ドキュメンタリー、海外の旅番組などが多いのもその理由か。そんな中、歌番組が健闘している。BS―TBSの「日本名曲アルバム」(火曜夜7時)もそのひとつ。

 ゲストの歌手と、本格的な合唱団が、昭和のころにヒットした歌謡曲、童謡や叙情歌を歌う異色の構成。合唱団は昭和音大やフェリスの学生やグリークラブ、その卒業メンバーが集まっているケースが多い。

「番組は今年で5年目に入りました。これまで放送100回と150回を記念して、出演メンバー6~8団体によるコンサートを開きましたが、1000人規模のホールにもかかわらずチケットは完売。21日開催の3回目も早々に完売でした。観客は60~70代のご夫婦が多いですね」(番組担当者)

 通常はソロで歌う曲を合唱用にアレンジ。響きわたるナマの歌声は迫力満点で感動モノだとか。さらに、コンサート終了後に出演メンバーがホールに出て“お見送り”。こちらも大盛況で――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る