• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コンサート完売、番組DVDまで 「合唱ブーム」到来の兆し

 BSは視聴者の年齢層が高いといわれる。時代劇、ドキュメンタリー、海外の旅番組などが多いのもその理由か。そんな中、歌番組が健闘している。BS―TBSの「日本名曲アルバム」(火曜夜7時)もそのひとつ。

 ゲストの歌手と、本格的な合唱団が、昭和のころにヒットした歌謡曲、童謡や叙情歌を歌う異色の構成。合唱団は昭和音大やフェリスの学生やグリークラブ、その卒業メンバーが集まっているケースが多い。

「番組は今年で5年目に入りました。これまで放送100回と150回を記念して、出演メンバー6~8団体によるコンサートを開きましたが、1000人規模のホールにもかかわらずチケットは完売。21日開催の3回目も早々に完売でした。観客は60~70代のご夫婦が多いですね」(番組担当者)

 通常はソロで歌う曲を合唱用にアレンジ。響きわたるナマの歌声は迫力満点で感動モノだとか。さらに、コンサート終了後に出演メンバーがホールに出て“お見送り”。こちらも大盛況で――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る