出家の清水富美加 ようやく「千眼美子」で再出発の裏事情

公開日:

 今年2月、突如、宗教団体「幸福の科学」への出家を発表し騒動になっていた女優の清水富美加(22)が先日、同教団を通じてマスコミ各社に所属事務所「レプロエンタテインメント」との専属契約が終了したことを発表。同教団を通じたファクスで清水は法名・千眼美子の名義でコメントを寄せ、専属契約の終了を報告し一連の騒動を謝罪。同日更新したツイッターでは「1人じゃ絶対に、無理でした。いつの日も。今も。」と書き出し、「ありがとう、も すみません、も 言うだけしかできないのは絶対に嫌だ。これからは、もっと強く、もっと自由に、頑張ります。」と意味深につづった。

「所属契約を巡ってかなり揉めたのは間違いないが、レプロが折れた。同教団は幅広い仕事のオファーを受ける意向のようで、6月には第2弾の著書を発売するそうです」(芸能プロ関係者)

 発表があった20日、都内の劇場では同教団の大川隆法総裁(60)の長男で、教団の芸能プロ部門の社長をつとめる大川宏洋氏(28)が総合プロデューサー・脚本・出演・主題歌を手がけた映画「君のまなざし」の公開初日舞台挨拶が行われた。

「清水の来場もウワサされたが、混乱を避けるためか会場には現れませんでした」(取材記者)

 26日にはテレビ番組のインタビューに応じ“出家騒動”を語った清水だが、映画の中身はともかく、ファンは公の場でのナマの言葉が求めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る