• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出家の清水富美加 ようやく「千眼美子」で再出発の裏事情

 今年2月、突如、宗教団体「幸福の科学」への出家を発表し騒動になっていた女優の清水富美加(22)が先日、同教団を通じてマスコミ各社に所属事務所「レプロエンタテインメント」との専属契約が終了したことを発表。同教団を通じたファクスで清水は法名・千眼美子の名義でコメントを寄せ、専属契約の終了を報告し一連の騒動を謝罪。同日更新したツイッターでは「1人じゃ絶対に、無理でした。いつの日も。今も。」と書き出し、「ありがとう、も すみません、も 言うだけしかできないのは絶対に嫌だ。これからは、もっと強く、もっと自由に、頑張ります。」と意味深につづった。

「所属契約を巡ってかなり揉めたのは間違いないが、レプロが折れた。同教団は幅広い仕事のオファーを受ける意向のようで、6月には第2弾の著書を発売するそうです」(芸能プロ関係者)

 発表があった20日、都内の劇場では同教団の大川隆法総裁(60)の長男で、教団の芸能プロ部門の社長をつとめる大川宏洋氏(28)が総合プロデューサー・脚本・出演・主題歌を手がけた映画「君のまなざし」の公開初日舞台挨拶が行われた。

「清水の来場もウワサされたが、混乱を避けるためか会場には現れませんでした」(取材記者)

 26日にはテレビ番組のインタビューに応じ“出家騒動”を語った清水だが、映画の中身はともかく、ファンは公の場でのナマの言葉が求めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る