佐藤浩市の顔を…市川猿之助が語る「花戦さ」撮影秘話

公開日: 更新日:

 29日、都内で映画「花戦さ」(6月3日公開/東映)の公開にさきがけ、記者会見が行われた。物語は、殿上人に上り詰めた豊臣秀吉(市川猿之助=41)の圧政が人々を苦しめていく中、“いけばな”で秀吉に戦いを挑んだ、池坊専好(野村萬斎=51)を描いた時代劇。織田信長に中井貴一(55)、千利休に佐藤浩市(56)と豪華なキャスティングも注目されている。物語のキーパーソンである、悪役・秀吉を演じた市川猿之助に話を聞いた。

「この作品の驚きは『本能寺の変』をあっさりナレーションで終わらせてしまうことですね。『は?』『(信長役の)貴一さんのシーンはここだけか……!』って。歴史家からしたら衝撃でしょう。そこをスルーしていることで今までの戦国モノと全く異なる、作品の本質がわかると思います。

 また出演者が豪華で……顔合わせの妙ですね。佐藤さんの顔を踏むシーンでは、リアルさを求める佐藤さんに『もっと踏んで!』と言われて、ホント嫌で(笑い)、『ごめんなさい』と思いながら踏みつけていました。萬斎さんとは今回が初めて。能と歌舞伎は近くて遠い存在で共演はほぼあり得ないのですが、映画のおかげで共演がかないました。自分と同じ“和の間”を持っていて、初めてなのに“あぁ同じ畑で育ったんだな”と感じましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る