佐藤浩市の顔を…市川猿之助が語る「花戦さ」撮影秘話

公開日:

 29日、都内で映画「花戦さ」(6月3日公開/東映)の公開にさきがけ、記者会見が行われた。物語は、殿上人に上り詰めた豊臣秀吉(市川猿之助=41)の圧政が人々を苦しめていく中、“いけばな”で秀吉に戦いを挑んだ、池坊専好(野村萬斎=51)を描いた時代劇。織田信長に中井貴一(55)、千利休に佐藤浩市(56)と豪華なキャスティングも注目されている。物語のキーパーソンである、悪役・秀吉を演じた市川猿之助に話を聞いた。

「この作品の驚きは『本能寺の変』をあっさりナレーションで終わらせてしまうことですね。『は?』『(信長役の)貴一さんのシーンはここだけか……!』って。歴史家からしたら衝撃でしょう。そこをスルーしていることで今までの戦国モノと全く異なる、作品の本質がわかると思います。

 また出演者が豪華で……顔合わせの妙ですね。佐藤さんの顔を踏むシーンでは、リアルさを求める佐藤さんに『もっと踏んで!』と言われて、ホント嫌で(笑い)、『ごめんなさい』と思いながら踏みつけていました。萬斎さんとは今回が初めて。能と歌舞伎は近くて遠い存在で共演はほぼあり得ないのですが、映画のおかげで共演がかないました。自分と同じ“和の間”を持っていて、初めてなのに“あぁ同じ畑で育ったんだな”と感じましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る