佐藤浩市の顔を…市川猿之助が語る「花戦さ」撮影秘話

公開日: 更新日:

 29日、都内で映画「花戦さ」(6月3日公開/東映)の公開にさきがけ、記者会見が行われた。物語は、殿上人に上り詰めた豊臣秀吉(市川猿之助=41)の圧政が人々を苦しめていく中、“いけばな”で秀吉に戦いを挑んだ、池坊専好(野村萬斎=51)を描いた時代劇。織田信長に中井貴一(55)、千利休に佐藤浩市(56)と豪華なキャスティングも注目されている。物語のキーパーソンである、悪役・秀吉を演じた市川猿之助に話を聞いた。

「この作品の驚きは『本能寺の変』をあっさりナレーションで終わらせてしまうことですね。『は?』『(信長役の)貴一さんのシーンはここだけか……!』って。歴史家からしたら衝撃でしょう。そこをスルーしていることで今までの戦国モノと全く異なる、作品の本質がわかると思います。

 また出演者が豪華で……顔合わせの妙ですね。佐藤さんの顔を踏むシーンでは、リアルさを求める佐藤さんに『もっと踏んで!』と言われて、ホント嫌で(笑い)、『ごめんなさい』と思いながら踏みつけていました。萬斎さんとは今回が初めて。能と歌舞伎は近くて遠い存在で共演はほぼあり得ないのですが、映画のおかげで共演がかないました。自分と同じ“和の間”を持っていて、初めてなのに“あぁ同じ畑で育ったんだな”と感じましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る