“最後の大物独身”佐々木蔵之介 40代最後の年の抱負語る

公開日: 更新日:

「役者としての僕には、決まった色や強い個性がない。それがかえってプラスに働き、いろんな役柄をちょうだいできているのかもしれませんね。役者の醍醐味を味わえるのは幸せなことです」

 こう話すのは佐々木蔵之介(48)だ。

 2014年公開の主演映画「超高速!参勤交代」が、時代劇では異例の興収15億円超のヒットを記録。人斬りより人間ドラマに重きを置いたコミカルな一作は、16年に続編が公開となった。17年は上半期だけで4本の公開が控える。

 主演映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」(17年1月28日全国ロードショー=松竹)では初めてヤクザ役に扮した。

 腐れ縁の口達者なビンボー建設コンサルタント(横山裕)とともに、持ち逃げされた映画製作の出資金を回収するドタバタ劇。関西やマカオを舞台にド派手なアクションにも挑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る