“最後の大物独身”佐々木蔵之介 40代最後の年の抱負語る

公開日: 更新日:

「役者としての僕には、決まった色や強い個性がない。それがかえってプラスに働き、いろんな役柄をちょうだいできているのかもしれませんね。役者の醍醐味を味わえるのは幸せなことです」

 こう話すのは佐々木蔵之介(48)だ。

 2014年公開の主演映画「超高速!参勤交代」が、時代劇では異例の興収15億円超のヒットを記録。人斬りより人間ドラマに重きを置いたコミカルな一作は、16年に続編が公開となった。17年は上半期だけで4本の公開が控える。

 主演映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」(17年1月28日全国ロードショー=松竹)では初めてヤクザ役に扮した。

 腐れ縁の口達者なビンボー建設コンサルタント(横山裕)とともに、持ち逃げされた映画製作の出資金を回収するドタバタ劇。関西やマカオを舞台にド派手なアクションにも挑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  5. 5

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  6. 6

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  7. 7

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  8. 8

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    東出昌大の“棒読み”も凌駕する 三島映画の白熱議論シーン

もっと見る