復興庁お墨付き 東北の看板娘“のん”の衰えぬタレント価値

公開日:

 31日、復興庁で行われた「共創力で進む東北プロジェクト」の会見に、応援キャラクターに就任した女優・のん(23)が登壇。アイデアと技術を持ち寄り、新しい東北を創造することを目的にするプロジェクトに対し、「誰かと一緒だと豊かな発想が湧いてきます。ぜひ東北を自由に、パワフルに、創造しましょう」とメッセージを送った。

 能年玲奈から改名して以降も、のんは岩手銀行のキャラクターやJA全農いわての宣伝部長などに次々就任。朝ドラ「あまちゃん」効果は今も続いていて、もはや“東北の顔”と言っていい。ところが、いまだに事務所の独立問題は解決していないという。

「のんの前所属事務所であるレプロのホームページには、今も能年玲奈の写真やプロフィルが掲載されていて、正式には退社していないというスタンス。それだけに、本の出版やイベント出演などで、なし崩し的にのんとしての活動の場が広がれば、事務所としてのメンツは丸つぶれです。ましてや、今回は行政官庁までがお墨付きを与えている。事務所は大弱りでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る