復興庁お墨付き 東北の看板娘“のん”の衰えぬタレント価値

公開日:

 31日、復興庁で行われた「共創力で進む東北プロジェクト」の会見に、応援キャラクターに就任した女優・のん(23)が登壇。アイデアと技術を持ち寄り、新しい東北を創造することを目的にするプロジェクトに対し、「誰かと一緒だと豊かな発想が湧いてきます。ぜひ東北を自由に、パワフルに、創造しましょう」とメッセージを送った。

 能年玲奈から改名して以降も、のんは岩手銀行のキャラクターやJA全農いわての宣伝部長などに次々就任。朝ドラ「あまちゃん」効果は今も続いていて、もはや“東北の顔”と言っていい。ところが、いまだに事務所の独立問題は解決していないという。

「のんの前所属事務所であるレプロのホームページには、今も能年玲奈の写真やプロフィルが掲載されていて、正式には退社していないというスタンス。それだけに、本の出版やイベント出演などで、なし崩し的にのんとしての活動の場が広がれば、事務所としてのメンツは丸つぶれです。ましてや、今回は行政官庁までがお墨付きを与えている。事務所は大弱りでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る