復興庁お墨付き 東北の看板娘“のん”の衰えぬタレント価値

公開日: 更新日:

 31日、復興庁で行われた「共創力で進む東北プロジェクト」の会見に、応援キャラクターに就任した女優・のん(23)が登壇。アイデアと技術を持ち寄り、新しい東北を創造することを目的にするプロジェクトに対し、「誰かと一緒だと豊かな発想が湧いてきます。ぜひ東北を自由に、パワフルに、創造しましょう」とメッセージを送った。

 能年玲奈から改名して以降も、のんは岩手銀行のキャラクターやJA全農いわての宣伝部長などに次々就任。朝ドラ「あまちゃん」効果は今も続いていて、もはや“東北の顔”と言っていい。ところが、いまだに事務所の独立問題は解決していないという。

「のんの前所属事務所であるレプロのホームページには、今も能年玲奈の写真やプロフィルが掲載されていて、正式には退社していないというスタンス。それだけに、本の出版やイベント出演などで、なし崩し的にのんとしての活動の場が広がれば、事務所としてのメンツは丸つぶれです。ましてや、今回は行政官庁までがお墨付きを与えている。事務所は大弱りでしょう」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る