再始動のんが胸中告白 「名前変えて“のんシンキング”に」

公開日:

 待望のリスタートを遂げた“のん”。昨年7月から芸名を本名の能年玲奈から「のん」に変更し、女優に加え、クリエーターとしても始動。第1弾として、「創作あーちすと NON」(太田出版)を出版したばかりだ。

 ◇  ◇  ◇

 もともと、家で服を作ったり、絵を描いたり、文章や詩を書いたりすることが好きで、休みの日は家の中にいがちなんです。そういう、創作したりアーティスト的な活動もどんどん自由にしていきたいと思って、「のん」という芸名をつけたと同時に“創作あーちすと”という肩書をつけました。アーティストって言うとちょっとエラそうだから、もっと脱力系にしたくて、ひらがなにしたんです。

 そんな中でたまたま出版のお話をいただき、「こんな方に会えたらいいな」という憧れを言ってみたら本当にかなって、清水ミチコさん、桃井かおりさんや矢野顕子さん、劇団☆新感線のいのうえひでのりさんと対談させていただいたり、感動の連続。大ファンだった宇野亜喜良さんに以前、「アトリエに遊びに来てください」って書いてあるお手紙をいただいたものの、連絡の仕方すら分からずにいたのですが、お目にかかることもできました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る