再始動のんが胸中告白 「名前変えて“のんシンキング”に」

公開日:

 待望のリスタートを遂げた“のん”。昨年7月から芸名を本名の能年玲奈から「のん」に変更し、女優に加え、クリエーターとしても始動。第1弾として、「創作あーちすと NON」(太田出版)を出版したばかりだ。

 ◇  ◇  ◇

 もともと、家で服を作ったり、絵を描いたり、文章や詩を書いたりすることが好きで、休みの日は家の中にいがちなんです。そういう、創作したりアーティスト的な活動もどんどん自由にしていきたいと思って、「のん」という芸名をつけたと同時に“創作あーちすと”という肩書をつけました。アーティストって言うとちょっとエラそうだから、もっと脱力系にしたくて、ひらがなにしたんです。

 そんな中でたまたま出版のお話をいただき、「こんな方に会えたらいいな」という憧れを言ってみたら本当にかなって、清水ミチコさん、桃井かおりさんや矢野顕子さん、劇団☆新感線のいのうえひでのりさんと対談させていただいたり、感動の連続。大ファンだった宇野亜喜良さんに以前、「アトリエに遊びに来てください」って書いてあるお手紙をいただいたものの、連絡の仕方すら分からずにいたのですが、お目にかかることもできました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る