再始動のんが胸中告白 「名前変えて“のんシンキング”に」

公開日: 更新日:

 待望のリスタートを遂げた“のん”。昨年7月から芸名を本名の能年玲奈から「のん」に変更し、女優に加え、クリエーターとしても始動。第1弾として、「創作あーちすと NON」(太田出版)を出版したばかりだ。

 ◇  ◇  ◇

 もともと、家で服を作ったり、絵を描いたり、文章や詩を書いたりすることが好きで、休みの日は家の中にいがちなんです。そういう、創作したりアーティスト的な活動もどんどん自由にしていきたいと思って、「のん」という芸名をつけたと同時に“創作あーちすと”という肩書をつけました。アーティストって言うとちょっとエラそうだから、もっと脱力系にしたくて、ひらがなにしたんです。

 そんな中でたまたま出版のお話をいただき、「こんな方に会えたらいいな」という憧れを言ってみたら本当にかなって、清水ミチコさん、桃井かおりさんや矢野顕子さん、劇団☆新感線のいのうえひでのりさんと対談させていただいたり、感動の連続。大ファンだった宇野亜喜良さんに以前、「アトリエに遊びに来てください」って書いてあるお手紙をいただいたものの、連絡の仕方すら分からずにいたのですが、お目にかかることもできました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  8. 8

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る