• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジが犯人捜し 篠原涼子も怒った月9「情報漏えい」事件

 フジテレビが“犯人捜し”に躍起になっているという。10月期の月9ドラマ「わたし、市長になります(仮題)」のヒロインを、女優の篠原涼子(43)が快諾したという情報が一部メディアに漏れてしまったのだ。しかも、高橋一生や古田新太というキャスティングまで報じられてしまった。

 この“流出”に大慌てなのが、情報を統括しているフジの編成部だ。どこから漏れたのか、関係者一人一人に聞き取り調査を行っているというから、深刻な事態なのだろう。

「以前なら漏れてしまったものは仕方がないというスタンスだったんですが、今回ばかりはそうもいかない。情報流出を受け、篠原が月9に出たくないとゴネているらしいのです。建前上、フジとしても犯人捜しの格好を取らざるをえない」(フジテレビ関係者)

 そもそも、10月期の月9ドラマは、当初、木村拓哉をキャスティングしようとしていたはずなのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る