フジが犯人捜し 篠原涼子も怒った月9「情報漏えい」事件

公開日:

 フジテレビが“犯人捜し”に躍起になっているという。10月期の月9ドラマ「わたし、市長になります(仮題)」のヒロインを、女優の篠原涼子(43)が快諾したという情報が一部メディアに漏れてしまったのだ。しかも、高橋一生や古田新太というキャスティングまで報じられてしまった。

 この“流出”に大慌てなのが、情報を統括しているフジの編成部だ。どこから漏れたのか、関係者一人一人に聞き取り調査を行っているというから、深刻な事態なのだろう。

「以前なら漏れてしまったものは仕方がないというスタンスだったんですが、今回ばかりはそうもいかない。情報流出を受け、篠原が月9に出たくないとゴネているらしいのです。建前上、フジとしても犯人捜しの格好を取らざるをえない」(フジテレビ関係者)

 そもそも、10月期の月9ドラマは、当初、木村拓哉をキャスティングしようとしていたはずなのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る