大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

橋爪功主演「家族はつらいよ2」に笑い転げ涙してしまった

公開日: 更新日:
公開中の「家族はつらいよ2」(C)日刊ゲンダイ

 公開中の「家族はつらいよ2」が素晴らしい出来栄えである。前作の「家族はつらいよ」(16年)も良かったが、それをはるかに上回るグレードの高さだ。御年85歳の山田洋次監督は、映画と心中しかねないほどの強烈な演出のエネルギーを放っていた。

 見どころのひ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る