水谷豊が40年越し監督 映画「TAP」を批評家はどう見たか

公開日: 更新日:

 俳優の水谷豊(64)が持ち込んだオリジナル企画を自ら主演・初監督した映画「TAP THE LAST SHOW」が公開中だ。閉館が決まった劇場を舞台に、最後のタップダンスショーに夢をかける男たちの生きざまを描いた人間ドラマ。

 竹中直人や伊勢谷友介ら人気俳優が監督業に進出することはままあるが、知名度は高くとも演出家としての力量は未知数。興行的には公開後、一度もベスト10にランクインすることなく、「かなり厳しい数字」(映画関係者)というが、監督・水谷豊の腕前について映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「観客そっちのけで独り善がりな芸術映画を作りたがる人も多い中、水谷監督は生粋のエンターテイナー型監督だと感じました。自分が多大な影響を受けたタップダンスの魅力を大衆に伝えたい。その確固たる信念が太い柱となって作品を貫いている。64歳ながら、新人監督らしい情熱にあふれた好感度の高い映画です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る