水谷豊が40年越し監督 映画「TAP」を批評家はどう見たか

公開日:

 俳優の水谷豊(64)が持ち込んだオリジナル企画を自ら主演・初監督した映画「TAP THE LAST SHOW」が公開中だ。閉館が決まった劇場を舞台に、最後のタップダンスショーに夢をかける男たちの生きざまを描いた人間ドラマ。

 竹中直人や伊勢谷友介ら人気俳優が監督業に進出することはままあるが、知名度は高くとも演出家としての力量は未知数。興行的には公開後、一度もベスト10にランクインすることなく、「かなり厳しい数字」(映画関係者)というが、監督・水谷豊の腕前について映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「観客そっちのけで独り善がりな芸術映画を作りたがる人も多い中、水谷監督は生粋のエンターテイナー型監督だと感じました。自分が多大な影響を受けたタップダンスの魅力を大衆に伝えたい。その確固たる信念が太い柱となって作品を貫いている。64歳ながら、新人監督らしい情熱にあふれた好感度の高い映画です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る