絶望と恐怖 「ハクソー・リッジ」が描いた戦争のリアル

公開日: 更新日:

 沖縄戦の激戦地、前田高地の戦いにおける感動の実話を描いた戦争映画「ハクソー・リッジ」が話題になっている。「ハクソー・リッジ」とは“のこぎりで切ったような断崖”を意味する前田高地の米軍側の呼称。150メートルの絶壁の頂上を日米両軍が奪い合う壮絶な戦闘シーンは、肉片と血しぶきが飛び交う地獄絵図のごとき残酷描写で、内外の批評家が「プライベート・ライアン」(98年)のノルマンディー上陸シーン以来の壮絶さと太鼓判を押している。激しい演出の意図について映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「監督のメル・ギブソンは、スコットランド独立の戦いを凄惨な戦闘描写で見せた『ブレイブハート』や、ショック死する観客まで出たキリストの拷問シーンで物議をかもした『パッション』など、R指定を怖がらない挑発的な演出が評価されています。日本ではPG―12指定となった本作でも、極力CGを使わず本物の爆発の中で役者たちを演技させ、戦場のリアリティーを表現しようとしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る