ブラック企業の深刻実態 「仕事やめてくる」で浮き彫りに

公開日: 更新日:

 厚生労働省が先日、ブラック企業リスト334社を実名で公表した。過労死事件の電通はじめ大手企業の名前も並ぶが、誰もが思うようにこれは氷山の一角。昨年は就活に失敗した若者の自殺者も増加、働く前から消耗しきった日本の労働者の姿が浮かび上がる。

 そんな中、労働現場の惨状をリアルに描く映画「ちょっと今から仕事やめてくる」が話題だ。作品が放つ時代性について映画批評家の前田有一氏が解説する。

「主人公の新入社員が自殺未遂に追い込まれるブラック職場の描写が強烈です。『鬼十則』をほうふつとさせる社訓や軍隊式の朝礼、サービス残業は月150時間、遅刻は罰金。中でも吉田鋼太郎演じるサディスト上司のパワハラは凄まじく、恫喝や土下座強要で主人公をイジメ抜きます。報道されている過労死職場の問題点を凝縮したような設定で、労働者が見たら誰もがどこかに共感できてしまうところが怖い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  10. 9

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る