• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラック企業の深刻実態 「仕事やめてくる」で浮き彫りに

 厚生労働省が先日、ブラック企業リスト334社を実名で公表した。過労死事件の電通はじめ大手企業の名前も並ぶが、誰もが思うようにこれは氷山の一角。昨年は就活に失敗した若者の自殺者も増加、働く前から消耗しきった日本の労働者の姿が浮かび上がる。

 そんな中、労働現場の惨状をリアルに描く映画「ちょっと今から仕事やめてくる」が話題だ。作品が放つ時代性について映画批評家の前田有一氏が解説する。

「主人公の新入社員が自殺未遂に追い込まれるブラック職場の描写が強烈です。『鬼十則』をほうふつとさせる社訓や軍隊式の朝礼、サービス残業は月150時間、遅刻は罰金。中でも吉田鋼太郎演じるサディスト上司のパワハラは凄まじく、恫喝や土下座強要で主人公をイジメ抜きます。報道されている過労死職場の問題点を凝縮したような設定で、労働者が見たら誰もがどこかに共感できてしまうところが怖い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る