假屋崎氏も絶賛 映画「花戦さ」堅調の裏に2つのブーム

公開日: 更新日:

 意外や意外、野村萬斎(51)主演の時代劇エンターテインメント「花戦さ」(東映)が堅調な動きを見せている。公開4週目にしてランキング7位。スリリングな展開を見せる犯罪サスペンス「22年目の告白 私が殺人犯です」やディズニーの「美女と野獣」、人気ドラマの続編「昼顔」といった多種多様な作品が並ぶなか、大健闘である。

 なぜウケているのか。主人公は戦国時代に実在した花僧・池坊専好なる人物で、華道の家元。池坊の当主だけにその世界では有名だが、お世辞にもメジャーとはいえない。織田信長や豊臣秀吉といった時の権力者の乱心に草花をもって仇討ちするストーリーで、時代劇の醍醐味である殺陣のシーンはほぼ皆無だ。

 しかし、「今夏公開の『関ヶ原』をはじめとする王道の大作時代劇がある一方で、チャンバラや殺陣の少ない作品もここ数年の時代劇の潮流のひとつ。日本人の心を投影させた文化や伝統を題材に扱い、人間ドラマに重きを置いた作品は、一定層の観客から支持される邦画の新機軸として評価したい」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  3. 3

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  4. 4

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  5. 5

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  6. 6

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    「ポスト安倍」筆頭の石破茂が国民の信頼を得る方法とは

  10. 10

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

もっと見る