大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

ジャニーズきっての主演作数 岡田准一と映画の“相思相愛”

公開日: 更新日:

 映画界のゴールデンウイークは盛況だった。昨年実績を上回るシネコンが続出した。牽引したのは、「美女と野獣」や「名探偵コナン から紅の恋歌」だ。ただ、お馴染みの作品ばかりで、実のところ意外性はない。

 そのGW最終盤に公開されたのが「追憶」である。主演の岡田准一(36)は、ジャニーズ事務所所属の俳優、タレントの中でもっとも主演作品が多く、映画と非常に相性がいい。「無限の住人」で不死身の侍が様になっていたキムタクは意外に作品自体が少ない。

「追憶」は監督・降旗康男、撮影・木村大作と大御所2人が話題になったが、筆者がとくに注目したのは青島武と瀧本智行が担当した原案・脚本だ。過去と現在を結ぶサスペンスという体裁をもちつつ、いまの時代が抱える多くの社会的な問題が浮き彫りになる劇構造だった。

 DV、孤児、不況、不倫などが描かれ、過去から現在、犯罪はそれらの問題が複雑に絡み合って生み出される。刑事役の岡田は、犯罪解明に特殊な才能を持ったスーパーヒーローではない。大きな秘密があるとはいえ、市井の人という設定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  10. 9

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る