• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12歳で母代役 サヘル・ローズ“織り子”ホロ苦デビュー秘話

 イランに生まれ、幼くして孤児となり、養母・フローラさんとともに来日したのは8歳だった93年。女優でタレントのサヘル・ローズさん(31)はその後もフローラさんに女手一つで育てられた。

 ◇  ◇  ◇

 この写真は12歳だった年(97年7月)に自宅そばで撮りました。何かムクれてるような表情でしょ? あまり機嫌が良くなかったんです。この日は学校を休み、百貨店で開催されたペルシャ絨毯展示即売会のアトラクション“織り子実演”を初めてやった記念日です。母が実演する予定だったのですが、たまたまダブルブッキングしてしまい、急きょ私が代役で行くことになったのです。

 本来ならば断るべきなんでしょう。でも、実演の仕事は不安定で、いつも家計はピンチでしたから、お母さんはたとえ1回でも断りたくなかった。とはいっても、それまで経験はなく、わずか数日織り方を習っただけの一夜漬け。それに何より12歳では催事担当者が納得するはずはありません。それで、“大人のサヘル”を演出するために濃いめのメークをして、母と絨毯の解説やお客さまとの応対の仕方をロールプレーしたうえで会場へ向かったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る