• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12歳で母代役 サヘル・ローズ“織り子”ホロ苦デビュー秘話

 イランに生まれ、幼くして孤児となり、養母・フローラさんとともに来日したのは8歳だった93年。女優でタレントのサヘル・ローズさん(31)はその後もフローラさんに女手一つで育てられた。

 ◇  ◇  ◇

 この写真は12歳だった年(97年7月)に自宅そばで撮りました。何かムクれてるような表情でしょ? あまり機嫌が良くなかったんです。この日は学校を休み、百貨店で開催されたペルシャ絨毯展示即売会のアトラクション“織り子実演”を初めてやった記念日です。母が実演する予定だったのですが、たまたまダブルブッキングしてしまい、急きょ私が代役で行くことになったのです。

 本来ならば断るべきなんでしょう。でも、実演の仕事は不安定で、いつも家計はピンチでしたから、お母さんはたとえ1回でも断りたくなかった。とはいっても、それまで経験はなく、わずか数日織り方を習っただけの一夜漬け。それに何より12歳では催事担当者が納得するはずはありません。それで、“大人のサヘル”を演出するために濃いめのメークをして、母と絨毯の解説やお客さまとの応対の仕方をロールプレーしたうえで会場へ向かったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る