炎上影響か 大島優子の海外留学は芸能人の“逃げパターン”

公開日: 更新日:

 6月のAKB選抜総選挙で結婚宣言をした須藤凜々花(20)を「FUCK」と批判して、大炎上した大島優子(28)が芸能活動を一時休止し、海外へ渡航することがわかった。

 2日に行ったファンミーティングで大島は海外行きを示唆、ファンからも拍手が送られたという。所属事務所は、「以前から本人には海外へ行きたいという夢があり、30歳を迎える前のタイミングで行かせていただくことになった」とコメント。渡航先、期間は未定、7月いっぱいまではイベントの予定があり、渡航は8月以降とみられている。しかし、仕事が入れば早くに戻ってくるかもしれないと、何ともあいまい。

■りりぽん批判をネタにすれば良かった

 それゆえ、突然の渡航発表のウラで囁かれているのは炎上事件による海外逃亡説である。須藤の結婚宣言に対し「結婚発表ね。何考えているのかしら? なんでもありなの? この帽子が、きっと、私のすべての言葉だと思うの」と「FUCK」と書かれたキャップをかぶった自撮り写真を掲載。その翌日、須藤は「DAMN(=ちっきしょう!)」と描かれたTシャツで登場。ネット上では女子高のいじめみたいと大島への批判が相次いだ。芸能評論家の肥留間正明氏がこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る