グッチ裕三はステマ疑惑 “ものまね四天王”の悲喜こもごも

公開日: 更新日:

 80年代後半から90年代初頭にかけ、テレビで一世を風靡した「ものまね四天王」の末路というべきか――。

 元ビジーフォーで、料理愛好家としても知られるグッチ裕三(65)にステマ疑惑が浮上。テレビのバラエティーなどで大絶賛していた浅草のメンチカツ店が、グッチ自らがオーナーであることが明らかになった。これが事実なら公共の電波タダ乗りの悪質な宣伝だからセコイ。

 やはり四天王の一角、清水アキラ(63)は息子の不祥事が発覚。2月に三男でタレントの清水良太郎(28)が違法カジノ店への出入りを報じられ、謹慎処分に。その余波で清水の親バカぶりも取り沙汰され、今月3日に更新したブログでも「セガレがお騒がせし申し訳ございません。私も親として深く反省しております」とし、騒動から5カ月たった今も謝罪に追われているようだ。

「クリカンこと栗田貫一は、山田康雄さんのものまねでやっていた『ルパン三世』で本家の山田さんを引き継いで声優となりましたが、テレビでの活躍はとんと聞かない。2015年に出演したバラエティーで、夫人で女優の大沢さやかに対して『殺していい』といった暴言を連発し、これがモラハラだと非難されたり、その後の番組企画で前頭側頭型認知症の疑いがあると診断されたりしている。来年3月の誕生日で還暦を迎えますが、順風満帆とはいっていないようです」(ワイドショー芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る