お酒は控えめ松金よね子さん 唯一心待ち「西荻の会」語る

公開日:

 バイプレーヤーとして映画やテレビに出演、舞台でも小劇場からミュージカルまで幅広く活躍している女優の松金よね子さん(67)。一見、姉御肌でお酒も強そうだが、意外に……。

 ◇  ◇  ◇

 最初から盛り下げるようですけど、数年前から飲んだ後に皮膚炎になりやすくなってお酒をセーブしています。そうしたら、最近は弱くなっちゃいましたね。何年か前までは料理しながら飲んでいました。キッチンドリンカーまではいかないけど、フライパンで炒め物をしながら片手で缶ビールをプシュッと開ける……それが楽しみで。

 ただ、「西荻の会」は別です。唯一楽しみにしている飲み会なんです。10年ほど前に佐藤B作さんと角野卓造さん、伊東四朗さんが始めた飲み会で、そこに私とB作夫人のあめくみちこさんが加わって、年に3回くらいは集まってワイワイやってます。面白かった芝居の話や、たわいもない話で盛り上がる。長い時間かけて少しずつ飲む私にとってはすごく居心地のいい集まりです。こう見えて人見知りなものですから(笑い)、知らない人がいる宴席にはなかなか入っていけなくて。その点「西荻の会」はお互いに気心が知れた人ばかりなので、毎回無礼講。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る