• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大胆露出も…“美女”祥子の私生活は「不倫すらできない」

 6日、都内でタレントの祥子(32)のヌード写真集「鍵―KEY―」(講談社)発売記念イベントが行われた。先月31日に発売し、この日のお渡し会では160冊が予約完売と売れ行き好調だ。

 デビュー時のキャッチフレーズは「謎の美女」。年齢も非公開で、情報は“美しすぎるヌード”のみだった。

「地元の同級生たちは気づいても『裸だし……』って、触れてはいけない話題になっていたみたいです。1年後に“謎”が解禁になった途端、私が1聞かれたら10話しちゃうんで、謎が消えちゃいました。今は実家の熊本に帰ると歓迎され過ぎちゃって……こっそり帰っています」

 今回はバストトップヌードも充実。

「巨乳じゃなくて『あ、見たことある~』っていうぐらいの大きさですけど、気に入ってます。チャームポイントは“フォルム”が丸いことかな。歴代の彼氏がバトンを渡すかのように『顔が丸いね』ってほめるんです。私って、目、顔、胸、お尻、みんな丸くて……昔は桃尻が嫌だったんですけど、お尻を突き出したポーズとか喜んでもらえるので好きになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る