大胆露出も…“美女”祥子の私生活は「不倫すらできない」

公開日: 更新日:

 6日、都内でタレントの祥子(32)のヌード写真集「鍵―KEY―」(講談社)発売記念イベントが行われた。先月31日に発売し、この日のお渡し会では160冊が予約完売と売れ行き好調だ。

 デビュー時のキャッチフレーズは「謎の美女」。年齢も非公開で、情報は“美しすぎるヌード”のみだった。

「地元の同級生たちは気づいても『裸だし……』って、触れてはいけない話題になっていたみたいです。1年後に“謎”が解禁になった途端、私が1聞かれたら10話しちゃうんで、謎が消えちゃいました。今は実家の熊本に帰ると歓迎され過ぎちゃって……こっそり帰っています」

 今回はバストトップヌードも充実。

「巨乳じゃなくて『あ、見たことある~』っていうぐらいの大きさですけど、気に入ってます。チャームポイントは“フォルム”が丸いことかな。歴代の彼氏がバトンを渡すかのように『顔が丸いね』ってほめるんです。私って、目、顔、胸、お尻、みんな丸くて……昔は桃尻が嫌だったんですけど、お尻を突き出したポーズとか喜んでもらえるので好きになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る