大胆露出も…“美女”祥子の私生活は「不倫すらできない」

公開日:

 6日、都内でタレントの祥子(32)のヌード写真集「鍵―KEY―」(講談社)発売記念イベントが行われた。先月31日に発売し、この日のお渡し会では160冊が予約完売と売れ行き好調だ。

 デビュー時のキャッチフレーズは「謎の美女」。年齢も非公開で、情報は“美しすぎるヌード”のみだった。

「地元の同級生たちは気づいても『裸だし……』って、触れてはいけない話題になっていたみたいです。1年後に“謎”が解禁になった途端、私が1聞かれたら10話しちゃうんで、謎が消えちゃいました。今は実家の熊本に帰ると歓迎され過ぎちゃって……こっそり帰っています」

 今回はバストトップヌードも充実。

「巨乳じゃなくて『あ、見たことある~』っていうぐらいの大きさですけど、気に入ってます。チャームポイントは“フォルム”が丸いことかな。歴代の彼氏がバトンを渡すかのように『顔が丸いね』ってほめるんです。私って、目、顔、胸、お尻、みんな丸くて……昔は桃尻が嫌だったんですけど、お尻を突き出したポーズとか喜んでもらえるので好きになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る