近藤サト ワイドショー戦線殴り込みは“離婚決意”の表れか

公開日: 更新日:

 7月30日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」で、女医でタレントの西川史子(46)が病欠。代わって、西川の定位置に座ったのが元フジテレビでフリーの近藤サト(49)。西川センセイのお株を奪い、舌鋒鋭く時事ネタに切り込み話題になった。

 番組では今井絵理子参院議員(33)と神戸市議・橋本健氏(37)の不倫疑惑について言及。橋本氏は会見で「一線を越えてない」と男女関係を否定。そのVTRを見た司会の爆笑問題太田光(52)は、「一線を越えてないということはペッティングまではやった、先っぽまでは」と下ネタを交えて揶揄した。

 すると、近藤は「その言葉を使うのがよくない」と前置きしつつ、「だから、(女性は)ペッティングとか先っぽとか言われ(て口説かれる)るんですよ」とバッサリ。「『貞操は守った』と言えばよかった」と言い切って共演者を納得させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る