• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

近藤サト ワイドショー戦線殴り込みは“離婚決意”の表れか

 7月30日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」で、女医でタレントの西川史子(46)が病欠。代わって、西川の定位置に座ったのが元フジテレビでフリーの近藤サト(49)。西川センセイのお株を奪い、舌鋒鋭く時事ネタに切り込み話題になった。

 番組では今井絵理子参院議員(33)と神戸市議・橋本健氏(37)の不倫疑惑について言及。橋本氏は会見で「一線を越えてない」と男女関係を否定。そのVTRを見た司会の爆笑問題・太田光(52)は、「一線を越えてないということはペッティングまではやった、先っぽまでは」と下ネタを交えて揶揄した。

 すると、近藤は「その言葉を使うのがよくない」と前置きしつつ、「だから、(女性は)ペッティングとか先っぽとか言われ(て口説かれる)るんですよ」とバッサリ。「『貞操は守った』と言えばよかった」と言い切って共演者を納得させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る