安室&桑田の紅白出場は…NHK局内によぎる1年前の“悪夢”

公開日:

 今年のNHK紅白歌合戦はどうなるのか。今後、年末に向けて、司会や出場歌手が徐々に明らかになっていくのだが、今年は2つの“大きな爆弾”を抱えているという。ひとつは朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌う桑田佳祐(61)、もうひとつは電撃引退を発表した安室奈美恵(40)だ。ともに超大物歌手で、出場すれば最大の目玉になることは間違いない。

 ただし、出場の確約はなく、NHK内には、ある“悪夢”がよぎっているという。昨年解散したSMAPのことである。NHKサイドは“花道”として15分間の特別枠を空けて、大みそかのギリギリまで、ジャニーズ事務所と交渉。だが、最終的に出演は実現しなかった。

 その空いた枠を埋めるべく、SMAPに代わって、走り回ったのが審査員のタモリ&マツコ・デラックスだった。2人は番組冒頭から最後まで、会場のNHKホール周辺を徘徊したのだが、不可解な“やりとり”の連続で、視聴者も目がテンになったはずだ。今年も同じようなことが繰り返されてしまうのか。すでに、NHKサイドは安室に対して、昨年と同じく15分間の特別枠を用意しているともいわれている。レコード会社関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る