芸能マスコミが血眼 安室奈美恵“引退劇の黒幕”は今どこに

公開日:

 突然の引退発表で世間の耳目を集める安室奈美恵(40)について、いまだにさまざまな臆測が飛び交っている。

 発売中の週刊新潮では「引退は美談か」との見出しで特集を掲載。そこで探っているのは、来年の9月16日で引退し、それまでアルバムやコンサートを頑張るとしつつ、肝心の引退理由を何も明らかにしない安室に何があったのか――ということである。

 今回の引退劇について、山口百恵やキャンディーズをなぞらえる報道が少なくないが、同誌によると、それらとは真逆。実際は引退を標榜し、今後1年の間にチケットやアルバムを売りまくるという思惑が透けて見える――との見方を紹介。こうした戦略の“絵”を描いた人物として、50代の大物プロモーター・A氏を挙げている。

 A氏は10年ほど前から安室のコンサートやツアーを取り仕切り、彼のイベントプロデュース会社は年商180億円にも上るとされる。安室はA氏と30代になる直前に出会い、トークなしで歌いまくるという現在のコンサートスタイルを考案したり、前所属事務所のライジングプロからの独立騒動の際も、ウラで動いていたともみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る