芸能マスコミが血眼 安室奈美恵“引退劇の黒幕”は今どこに

公開日:

 突然の引退発表で世間の耳目を集める安室奈美恵(40)について、いまだにさまざまな臆測が飛び交っている。

 発売中の週刊新潮では「引退は美談か」との見出しで特集を掲載。そこで探っているのは、来年の9月16日で引退し、それまでアルバムやコンサートを頑張るとしつつ、肝心の引退理由を何も明らかにしない安室に何があったのか――ということである。

 今回の引退劇について、山口百恵やキャンディーズをなぞらえる報道が少なくないが、同誌によると、それらとは真逆。実際は引退を標榜し、今後1年の間にチケットやアルバムを売りまくるという思惑が透けて見える――との見方を紹介。こうした戦略の“絵”を描いた人物として、50代の大物プロモーター・A氏を挙げている。

 A氏は10年ほど前から安室のコンサートやツアーを取り仕切り、彼のイベントプロデュース会社は年商180億円にも上るとされる。安室はA氏と30代になる直前に出会い、トークなしで歌いまくるという現在のコンサートスタイルを考案したり、前所属事務所のライジングプロからの独立騒動の際も、ウラで動いていたともみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る