アイドル寄り容姿の進藤晶子とTBS“夜の声”だった小島慶子

公開日:  更新日:

 1990年代、TBSは人気の局アナの宝庫。渡辺真理(入社90年)、雨宮塔子(同93年)に続いたのが進藤晶子(同94年)と小島慶子(同95年)だ。

 進藤晶子は大阪府出身で、神戸松蔭女子学院大卒、フリー転身後、慶応義塾大学大学院を出た。おしとやかな美人の多いTBSで初めてアイドル寄りな容姿。「ランク王国」で司会を務めて、セーラームーンのコスプレ姿の番組特製テレホンカードを製作したら、応募が殺到。非売品なのにプレミアがついた。

 97年、「筑紫哲也 NEWS23」でスポーツを担当すると人気が爆発し、マスコミのお得意さんになった。99年、「JNNニュースの森」のメインに起用されるが、2001年に自ら降板して退社。理由は社内のイジメとも書き立てられた。TBSの体質に「疲れたから」と話す人もいる。本人は月刊誌の手記でイジメを告白。女子アナブームやコスプレにも複雑な心境だったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る