元TBSの渡辺真理はライバル番組2つに出た唯一の女子アナ

公開日:  更新日:

 かつて、“報道のTBS”と呼ばれ、民放でもっとも堅いイメージのある局で、渡辺真理(50)は女子アナのアイドル路線とは一線を画す「知的美人」キャラで活躍した。

 1987年入社の長峰由紀や89年入社の福島弓子の後輩として、“スーツが似合うショートカットの美形アナ”渡辺が入社したのは90年。横浜の出身で3代続く浜っ子。山手で学生時代を送ったのが品の良さの理由か。

 国際基督教大学卒後に入社。「モーニングEye」「筑紫哲也 NEWS23」のキャスターの他に、バラエティーの経験も豊富。

 その後、98年に退社してフリーに。「ニュースステーション」(テレビ朝日系)では、スタートからキャスターを務めた小宮悦子から98年に引き継いだが、直前の放送で久米宏(73)が「次の人が不安で」とかポロッと言った記憶がある。TBSの大先輩・久米宏から愛情の裏返し(トチった場合の前フォロー?)だったのか。コンビを組んだ当初、久米はあまり渡辺に話を振らなかった印象だが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る