NHKポップに変えた 初のアイドルアナ“クボジュン”の功績

公開日:

 NHK出身のアイドルアナといえばこの人、久保純子(45)。幅広い層に人気で、NHKと女子アナのイメージを変えた存在だった。

 中学時代に元フジテレビの木佐彩子と同じ学習塾で隣の席になり、仲よくなったのは有名。女子アナ時代も局は違えど親しかったという。

 イギリス、アメリカでの生活を経験した、女子アナではよくあるパターンの帰国子女。大学時代には東京ドームでホームランを打った選手にぬいぐるみを渡すバイトをしていた。とても似合いそうなルックスだ。

 慶応大を卒業して1994年NHK入局。しかし、両親はともに日本テレビのアナウンサーだったことも関係があるのか、NHK在職時にもかかわらず日テレの番組にチラリと出演した経験がある。

「NHKニュース11」「NHKニュースおはよう日本」などでスポーツを担当。ほかにバラエティーでも活躍。ひと昔前の純情アイドル歌手のような童顔と、ワンピースが似合うかわいい容姿で民放アナ並みの人気になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る