異彩放った元フジ木佐彩子 絶頂時は朝・昼・深夜に出演も

公開日: 更新日:

 “女子アナブーム”が続いていた90年代後半、次々とスターアナを世に出したフジテレビは元気がよかった。その中でも、木佐彩子は異彩を放っていた。

 東京都出身で小中時代の7年間をロサンゼルスで過ごした帰国子女。青山学院大ではチアリーダー部で副キャプテンを務めた。94年フジ入社。同年の他局の入社では日テレの羽鳥慎一がいる。

「めざましテレビ」「笑っていいとも!」「プロ野球ニュース」と、朝・昼・深夜の番組に同時期に出演したことも。フジがいかに力を入れて売り出したのか、わかる。

 2000年にヤクルトの石井一久と結婚。先輩の中井美穂(52)同様に「プロ野球ニュース」担当からヤクルトの選手というルートである。ヤクルトの選手とフジの女子アナにはどんなホットラインがあるのかと話題になったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る