テレ東の隅田川花火中継 恵みの雨で“2ケタ視聴率”の衝撃

公開日:

 テレビ東京にとっては、路線バス、卓球、テニスに匹敵する“お宝コンテンツ”となるかもしれない。先月29日に生中継された「第40回隅田川花火大会」が、なんと、平均視聴率2ケタの10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)をマークしたのだ。

 同じ時間帯では、日テレ系「天才!志村どうぶつ園」が11.0%、同「世界一受けたい授業」が11・1%、テレ朝系「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル」が11.7%を記録。こうした人気番組に並ぶ形での“2ケタ視聴率”に、テレ東局内は大騒ぎだ。視聴率が判明した先月31日の朝9時には、局内に万歳三唱がとどろいた。

 しかも、番組制作費が3倍以上かかっているTBSとフジテレビには圧勝していて、これにはスポンサーも腰を抜かしたという。

「制作費1億円を投入したTBS系『炎の体育会TV SP』が8.6%。フジ系『クイズ!金の正解!銀の正解!』が4.5%、同『めちゃ×2イケてるッ!』が5.1%で、制作費はそれぞれ3000万円~。ちなみに、テレ東『隅田川花火大会』の制作費は全て込み込みで900万円~だった。その中で一番おカネが掛かっているのが機材と人件費で、花火の放映権料などは他のスポーツコンテンツに比べれば驚くほど安いんです」(民放編成関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る