テレ東の隅田川花火中継 恵みの雨で“2ケタ視聴率”の衝撃

公開日: 更新日:

 テレビ東京にとっては、路線バス、卓球、テニスに匹敵する“お宝コンテンツ”となるかもしれない。先月29日に生中継された「第40回隅田川花火大会」が、なんと、平均視聴率2ケタの10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)をマークしたのだ。

 同じ時間帯では、日テレ系「天才!志村どうぶつ園」が11.0%、同「世界一受けたい授業」が11・1%、テレ朝系「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル」が11.7%を記録。こうした人気番組に並ぶ形での“2ケタ視聴率”に、テレ東局内は大騒ぎだ。視聴率が判明した先月31日の朝9時には、局内に万歳三唱がとどろいた。

 しかも、番組制作費が3倍以上かかっているTBSとフジテレビには圧勝していて、これにはスポンサーも腰を抜かしたという。

「制作費1億円を投入したTBS系『炎の体育会TV SP』が8.6%。フジ系『クイズ!金の正解!銀の正解!』が4.5%、同『めちゃ×2イケてるッ!』が5.1%で、制作費はそれぞれ3000万円~。ちなみに、テレ東『隅田川花火大会』の制作費は全て込み込みで900万円~だった。その中で一番おカネが掛かっているのが機材と人件費で、花火の放映権料などは他のスポーツコンテンツに比べれば驚くほど安いんです」(民放編成関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る