女子アナ人気を不動にしたフジテレビ「花の3人娘」の今昔

公開日:  更新日:

 1988年同期入社の“花の3人娘”の登場で、フジテレビが牽引した女子アナブームはピークに達した!

 有賀さつき(52)は170センチの長身でアイドルアナの先駆け。愛知県出身だが幼少の頃にニューヨーク暮らしの経験がある帰国子女で、フェリス女学院大卒。しかし、たった4年で退社して翌93年から「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)や「料理バンザイ!」(同)などのサブMCで芸能活動。

 逸話といえば、「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだといわれるが、これは他局の女子アナがそう読み間違えたと某バラエティーで有賀が説明しただけらしい。しかしその際にフリップを出しながら「この『きゅうちゅうさんどう』ですよね」と自分も間違えたという。こうして“女子アナは間違えてウケる”という風潮が蔓延した。

 花田(旧姓河野)景子(52)は上智大在学中にミスキャンパスや、「CanCam」の読者モデルを務めた。フジのメーク室で生で見たことがあるが、フランス人形のような美しさ(多岐川裕美に似ていた)だった。フジ女子アナ史でもっとも美形。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る