「第2のキタノ」は誰だ 映画祭デビュー役者監督3人の光明

公開日: 更新日:

 映画業界からは「地味過ぎる」と非難する声しきり。都内で開催中の東京国際映画祭のことである。今年は第30回という節目を迎えたが、海外からやって来た有名人は、トミー・リー・ジョーンズ(71)ぐらい。イマイチ盛り上がりに欠ける状況が続いているのだ。

 だが、明るい話題もある。日本映画界の次代を担う気鋭の監督たちによる新作短編映画の上映企画「SHINPA」(シンパ)が行われたのだ。

 同企画は二宮健監督が発起人となり過去5回ほど行われているが、今回は初めて国際映画祭という“大舞台”でのお披露目となった。自主製作で持ち出し覚悟の気骨ある男女10人がメガホンを取ったのだが、その中には女優、俳優として活躍する面々も。

 テレビドラマ「最後から二番目の恋」や映画「ヒメアノ~ル」など小悪魔系美女役が十八番の佐津川愛美(29)、au三太郎シリーズの一寸法師役で世間をざわつかせた前野朋哉(31)、そして、朝ドラ「まれ」にも出演し役者業も増えているロックバンド「黒猫チェルシー」ボーカルの渡辺大知(27)だ。前野と渡辺はすでに映画監督デビューを飾っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る