「第2のキタノ」は誰だ 映画祭デビュー役者監督3人の光明

公開日:

 映画業界からは「地味過ぎる」と非難する声しきり。都内で開催中の東京国際映画祭のことである。今年は第30回という節目を迎えたが、海外からやって来た有名人は、トミー・リー・ジョーンズ(71)ぐらい。イマイチ盛り上がりに欠ける状況が続いているのだ。

 だが、明るい話題もある。日本映画界の次代を担う気鋭の監督たちによる新作短編映画の上映企画「SHINPA」(シンパ)が行われたのだ。

 同企画は二宮健監督が発起人となり過去5回ほど行われているが、今回は初めて国際映画祭という“大舞台”でのお披露目となった。自主製作で持ち出し覚悟の気骨ある男女10人がメガホンを取ったのだが、その中には女優、俳優として活躍する面々も。

 テレビドラマ「最後から二番目の恋」や映画「ヒメアノ~ル」など小悪魔系美女役が十八番の佐津川愛美(29)、au三太郎シリーズの一寸法師役で世間をざわつかせた前野朋哉(31)、そして、朝ドラ「まれ」にも出演し役者業も増えているロックバンド「黒猫チェルシー」ボーカルの渡辺大知(27)だ。前野と渡辺はすでに映画監督デビューを飾っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る