「第2のキタノ」は誰だ 映画祭デビュー役者監督3人の光明

公開日:

 映画業界からは「地味過ぎる」と非難する声しきり。都内で開催中の東京国際映画祭のことである。今年は第30回という節目を迎えたが、海外からやって来た有名人は、トミー・リー・ジョーンズ(71)ぐらい。イマイチ盛り上がりに欠ける状況が続いているのだ。

 だが、明るい話題もある。日本映画界の次代を担う気鋭の監督たちによる新作短編映画の上映企画「SHINPA」(シンパ)が行われたのだ。

 同企画は二宮健監督が発起人となり過去5回ほど行われているが、今回は初めて国際映画祭という“大舞台”でのお披露目となった。自主製作で持ち出し覚悟の気骨ある男女10人がメガホンを取ったのだが、その中には女優、俳優として活躍する面々も。

 テレビドラマ「最後から二番目の恋」や映画「ヒメアノ~ル」など小悪魔系美女役が十八番の佐津川愛美(29)、au三太郎シリーズの一寸法師役で世間をざわつかせた前野朋哉(31)、そして、朝ドラ「まれ」にも出演し役者業も増えているロックバンド「黒猫チェルシー」ボーカルの渡辺大知(27)だ。前野と渡辺はすでに映画監督デビューを飾っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る