「灯台のような存在」 津田寛治が語る大杉漣との25年

公開日: 更新日:

 映画「シン・ゴジラ」の厚労省官僚や、新シリーズ「水戸黄門」(BS―TBS)の風車の弥七役で注目を浴びる津田寛治さん。デビュー以来、数々の転機、人脈づくりのチャンスを与えてくれたのがこの人!

 映画デビューは北野武監督の「ソナチネ」(93年)です。

■北野監督学んだ“何もしない芝居”

 北野監督もそのひとりで、前作「あの夏、いちばん静かな海。」(91年)の編集の際にプロフィルを書いた手紙を渡していたのですが、1年以上もなしのつぶて。これに憤慨したのが喫茶店のママさん。「ソナチネ」のクランクイン前日に打ち合わせでスタジオにやってきた北野監督に、「たけしさん、ひどいじゃないの。うちの子は1年待っていたのにオーディションにも呼んでくれないなんて」と怒ってくれた。これがきっかけで「ソナチネ」出演が急きょ決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る