• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「灯台のような存在」 津田寛治が語る大杉漣との25年

 映画「シン・ゴジラ」の厚労省官僚や、新シリーズ「水戸黄門」(BS―TBS)の風車の弥七役で注目を浴びる津田寛治さん。デビュー以来、数々の転機、人脈づくりのチャンスを与えてくれたのがこの人!

 映画デビューは北野武監督の「ソナチネ」(93年)です。

■北野監督学んだ“何もしない芝居”

 北野監督もそのひとりで、前作「あの夏、いちばん静かな海。」(91年)の編集の際にプロフィルを書いた手紙を渡していたのですが、1年以上もなしのつぶて。これに憤慨したのが喫茶店のママさん。「ソナチネ」のクランクイン前日に打ち合わせでスタジオにやってきた北野監督に、「たけしさん、ひどいじゃないの。うちの子は1年待っていたのにオーディションにも呼んでくれないなんて」と怒ってくれた。これがきっかけで「ソナチネ」出演が急きょ決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る