「灯台のような存在」 津田寛治が語る大杉漣との25年

公開日:  更新日:

 映画「シン・ゴジラ」の厚労省官僚や、新シリーズ「水戸黄門」(BS―TBS)の風車の弥七役で注目を浴びる津田寛治さん。デビュー以来、数々の転機、人脈づくりのチャンスを与えてくれたのがこの人!

 映画デビューは北野武監督の「ソナチネ」(93年)です。

■北野監督学んだ“何もしない芝居”

 北野監督もそのひとりで、前作「あの夏、いちばん静かな海。」(91年)の編集の際にプロフィルを書いた手紙を渡していたのですが、1年以上もなしのつぶて。これに憤慨したのが喫茶店のママさん。「ソナチネ」のクランクイン前日に打ち合わせでスタジオにやってきた北野監督に、「たけしさん、ひどいじゃないの。うちの子は1年待っていたのにオーディションにも呼んでくれないなんて」と怒ってくれた。これがきっかけで「ソナチネ」出演が急きょ決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る