球場で孤立…大島さと子を救った巨人藤田元監督の気遣い

公開日:

 女子大生リポーターのパイオニアで、キャスターとしても大活躍。今はハワイに住みながら、ドラマやバラエティーに出演するたびに帰国している大島さと子さん(57)にとって恩人は巨人元監督の故・藤田元司さんだ。

 ◇  ◇  ◇

「僕のそばにいなさい」

 藤田監督が優しく、こうおっしゃってくださったのは今も忘れられません。1982年3月、東京ドームになる前の後楽園球場でした。その年の2月に成城大を卒業し、4月スタートの巨人軍応援番組「ビバ!ジャイアンツ」(日本テレビ系)の司会兼現場リポーターに抜擢されまして、その取材中の出来事です。

 今でこそ女性のスポーツキャスターやリポーターは多いけど、35年前は専門誌に数人、女性記者がいるだけのほぼ男性社会。とくにプロ野球の取材ともなると各社が番記者を送り込み、女性記者は私が初めてといっても過言ではありませんでした。なぜ私が抜擢されたのか? ちょうど江川卓選手や原辰徳選手ら若手が伸び盛りで、球団は“ヤングジャイアンツ”のキャッチフレーズで若いファン層の開拓を狙っていて、番組としても新たな視点でのリポートを期待したようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る