日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2番を目指せ」 木下ほうかの胸に残る島田紳助の助言

 遅咲き俳優、木下ほうかさん(53)は今や名バイプレーヤーとしてドラマや映画で大活躍。下積み時代に的確なアドバイスを与えて励ましてくれたのが島田紳助さん(61)だ。

 ◇  ◇  ◇

「役者をやりたいんやったら、やっぱ東京行かなあかんやろ?」

 1989年の正月。当時、吉本新喜劇の若手俳優だった僕は、大阪・江坂にあった紳助さんのご自宅にお邪魔して、問われるまでもなく、将来への不安と悩みを話してました。そうしたら返ってきたのがこの一言だったんです。

 俳優になりたくて大阪芸大舞台芸術学科を卒業し、吉本興業に入社。新喜劇に配属されたものの、3年経っても、役作りで納得できないことが多くてね。食えなくはないけど、このままじゃ……と忸怩たる思いをずっと持っていました。そんな時でしたからスッパリと踏ん切りがつき、6月に上京。目黒区祐天寺のアパートに住みながらオーディションを受ける日々が始まりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事