「2番を目指せ」 木下ほうかの胸に残る島田紳助の助言

公開日: 更新日:

 遅咲き俳優、木下ほうかさん(53)は今や名バイプレーヤーとしてドラマや映画で大活躍。下積み時代に的確なアドバイスを与えて励ましてくれたのが島田紳助さん(61)だ。

 ◇  ◇  ◇

「役者をやりたいんやったら、やっぱ東京行かなあかんやろ?」

 1989年の正月。当時、吉本新喜劇の若手俳優だった僕は、大阪・江坂にあった紳助さんのご自宅にお邪魔して、問われるまでもなく、将来への不安と悩みを話してました。そうしたら返ってきたのがこの一言だったんです。

 俳優になりたくて大阪芸大舞台芸術学科を卒業し、吉本興業に入社。新喜劇に配属されたものの、3年経っても、役作りで納得できないことが多くてね。食えなくはないけど、このままじゃ……と忸怩たる思いをずっと持っていました。そんな時でしたからスッパリと踏ん切りがつき、6月に上京。目黒区祐天寺のアパートに住みながらオーディションを受ける日々が始まりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る