「2番を目指せ」 木下ほうかの胸に残る島田紳助の助言

公開日: 更新日:

 遅咲き俳優、木下ほうかさん(53)は今や名バイプレーヤーとしてドラマや映画で大活躍。下積み時代に的確なアドバイスを与えて励ましてくれたのが島田紳助さん(61)だ。

 ◇  ◇  ◇

「役者をやりたいんやったら、やっぱ東京行かなあかんやろ?」

 1989年の正月。当時、吉本新喜劇の若手俳優だった僕は、大阪・江坂にあった紳助さんのご自宅にお邪魔して、問われるまでもなく、将来への不安と悩みを話してました。そうしたら返ってきたのがこの一言だったんです。

 俳優になりたくて大阪芸大舞台芸術学科を卒業し、吉本興業に入社。新喜劇に配属されたものの、3年経っても、役作りで納得できないことが多くてね。食えなくはないけど、このままじゃ……と忸怩たる思いをずっと持っていました。そんな時でしたからスッパリと踏ん切りがつき、6月に上京。目黒区祐天寺のアパートに住みながらオーディションを受ける日々が始まりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る