二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

藤吉久美子も落ちた…敏腕プロデューサーは最強のモテ男

公開日: 更新日:

 松居一代(60)の離婚会見は実に巧妙だった。

 朝8時半に設定した会見は民放各局のワイドショーの時間帯を狙ったのだろう。メディアに集まってもらうためには関心あるネタを事前に振る必要がある。それが前日の「船越(英一郎)は約束違反があった」という意味深なネタ。

 松居は以前、自著の出版会見を開いたときも、離婚の一因となった故・川島なお美さんと船越の関係の暴露などメディアが飛びつくネタを振っていた方。ワイドショー慣れした人は巧みに利用する術を知るものだ。まんまと乗った番組の司会者は「バカらしい」と言ったが、後の祭り――。

 松居が満面の笑みで離婚会見すれば、対照的に女優・藤吉久美子(56)は涙のダブル不倫釈明会見。

「文春砲」の詳細過ぎる記事に対して「(部屋で)マッサージしてもらった」はあまりに苦しい弁明。後は「泣きじゃくって答えられない状況をつくった」といううがった見方もできる。そんな妻をかばうように夫の太川陽介(58)は「妻の行動は誰も信じないでしょうが、僕は妻を信じたい」と暗に妻の不倫を認めながらもオシドリ夫婦の絆を“ルイルイ”笑顔で強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 2
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  3. 3
    落合博満さんとの1対4トレード要員となった牛島は星野監督に「僕が何かしましたか?」

    落合博満さんとの1対4トレード要員となった牛島は星野監督に「僕が何かしましたか?」

  4. 4
    82歳資産家宅で強盗撲殺事件 23歳美人妻はダンプで乗りつけ夫の犯行を手助けした

    82歳資産家宅で強盗撲殺事件 23歳美人妻はダンプで乗りつけ夫の犯行を手助けした

  5. 5
    コロナ「第6波」ピークアウトはいつだ? オミクロン株先行国は1カ月程度で頭打ち

    コロナ「第6波」ピークアウトはいつだ? オミクロン株先行国は1カ月程度で頭打ち

もっと見る

  1. 6
    「クレベリン」に措置命令で消費者から「効果ないならお金返して!」の声も 大幸薬品の対応は

    「クレベリン」に措置命令で消費者から「効果ないならお金返して!」の声も 大幸薬品の対応は

  2. 7
    10代女性とホテルで休憩中に…エリート医師が財布からポイントカードをくすねた顛末

    10代女性とホテルで休憩中に…エリート医師が財布からポイントカードをくすねた顛末

  3. 8
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  4. 9
    関ジャニ大倉忠義と熱愛報道 広瀬アリスの「ありがとうございます」で分かる交際進展度

    関ジャニ大倉忠義と熱愛報道 広瀬アリスの「ありがとうございます」で分かる交際進展度

  5. 10
    阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい

    阪神の今季の問題はただひとつ 4番や開幕投手などどうでもいい