• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評論家が指摘 セカオワ藤崎彩織「ふたご」と直木賞の奇縁

「今年読んだ小説の中で一、二を争う作品」と高く評価するのは、作家でアイドル評論家の中森明夫氏だ。藤崎彩織(31)名義で執筆した小説「ふたご」(文芸春秋)が、第158回直木三十五賞の候補に選ばれた。今年のNHK紅白歌合戦にも出場する人気バンド「SEKAI NO OWARI」メンバー、Saoriが本名で執筆した処女作という話題性から文壇の枠を超え、盛り上がりを見せている。

 だが、羨望が集まる話にはやっかみがつきまとうのも世の常。直木賞を主催する日本文学振興会は複数の文春関係者が役員に名を連ねており、専業作家ではない又吉直樹(37)の「火花」(文芸春秋)の芥川賞受賞も記憶に新しい。一部ネット媒体やSNSなどでは「ふたご」を色眼鏡で見る声もちらほら……。

 同作はヒロインと1歳年上の歌声の素晴らしい少年が、赤の他人なのに双子のように生きてしまう物語。前半では、留学先の米国で挫折を味わい、帰国後、精神科病院に収容される少年が描かれる。このエピソードはセカオワのボーカルであるFukaseを彷彿とさせる描写で、私小説的要素を感じさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る