評論家が指摘 セカオワ藤崎彩織「ふたご」と直木賞の奇縁

公開日:

「今年読んだ小説の中で一、二を争う作品」と高く評価するのは、作家でアイドル評論家の中森明夫氏だ。藤崎彩織(31)名義で執筆した小説「ふたご」(文芸春秋)が、第158回直木三十五賞の候補に選ばれた。今年のNHK紅白歌合戦にも出場する人気バンド「SEKAI NO OWARI」メンバー、Saoriが本名で執筆した処女作という話題性から文壇の枠を超え、盛り上がりを見せている。

 だが、羨望が集まる話にはやっかみがつきまとうのも世の常。直木賞を主催する日本文学振興会は複数の文春関係者が役員に名を連ねており、専業作家ではない又吉直樹(37)の「火花」(文芸春秋)の芥川賞受賞も記憶に新しい。一部ネット媒体やSNSなどでは「ふたご」を色眼鏡で見る声もちらほら……。

 同作はヒロインと1歳年上の歌声の素晴らしい少年が、赤の他人なのに双子のように生きてしまう物語。前半では、留学先の米国で挫折を味わい、帰国後、精神科病院に収容される少年が描かれる。このエピソードはセカオワのボーカルであるFukaseを彷彿とさせる描写で、私小説的要素を感じさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る