• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

炎上は狙ってないけど「ひな壇出ない芸人」の座は安泰

 よく「炎上させにいってるんですか」って聞かれるんですよ。炎上商法みたいに言うんです。中にはいらっしゃるのかもしれないけど、僕は炎上させようなんか1ミリも思ってません。

 週イチくらいで炎上してるんで、それによって感情が動くことは、それはさすがにないのですが、4年前に凄く大きいのが1回あって、それが何かって言うと、クラウドファンディング。みなさん、むっちゃ怒ったんですよ。「自分のやりたいことを他人のお金でやるなんて何事だ」みたいな。

 たぶんNYの個展だったと思います。購入型のクラウドファンディングで、「3000円支援してくださったらこちらに招待します」っていう。

 芸人も怒ってたんですよ。驚きました。「ちょっと待て」って。みなさんから集めたお金で何かを提供するのがアウトなのであれば、皆さんが普段やっているライブは? チケット代取って、その売り上げでライブつくってお届けしてるじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る