西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

炎上は狙ってないけど「ひな壇出ない芸人」の座は安泰

公開日: 更新日:

 よく「炎上させにいってるんですか」って聞かれるんですよ。炎上商法みたいに言うんです。中にはいらっしゃるのかもしれないけど、僕は炎上させようなんか1ミリも思ってません。

 週イチくらいで炎上してるんで、それによって感情が動くことは、それはさすがにないのですが、4年前に凄く大きいのが1回あって、それが何かって言うと、クラウドファンディング。みなさん、むっちゃ怒ったんですよ。「自分のやりたいことを他人のお金でやるなんて何事だ」みたいな。

 たぶんNYの個展だったと思います。購入型のクラウドファンディングで、「3000円支援してくださったらこちらに招待します」っていう。

 芸人も怒ってたんですよ。驚きました。「ちょっと待て」って。みなさんから集めたお金で何かを提供するのがアウトなのであれば、皆さんが普段やっているライブは? チケット代取って、その売り上げでライブつくってお届けしてるじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る