西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

炎上は狙ってないけど「ひな壇出ない芸人」の座は安泰

公開日:

 よく「炎上させにいってるんですか」って聞かれるんですよ。炎上商法みたいに言うんです。中にはいらっしゃるのかもしれないけど、僕は炎上させようなんか1ミリも思ってません。

 週イチくらいで炎上してるんで、それによって感情が動くことは、それはさすがにないのですが、4年前に凄く大きいのが1回あって、それが何かって言うと、クラウドファンディング。みなさん、むっちゃ怒ったんですよ。「自分のやりたいことを他人のお金でやるなんて何事だ」みたいな。

 たぶんNYの個展だったと思います。購入型のクラウドファンディングで、「3000円支援してくださったらこちらに招待します」っていう。

 芸人も怒ってたんですよ。驚きました。「ちょっと待て」って。みなさんから集めたお金で何かを提供するのがアウトなのであれば、皆さんが普段やっているライブは? チケット代取って、その売り上げでライブつくってお届けしてるじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る