• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

「プレゼントは受け取るべき」という道徳観のギャップ

「サービスをプレゼンしたい」という女の子が奈良から来たことがありました。その子は、僕が運営しているオンラインサロンのメンバーで、ここの特典っていうのは、居酒屋でバッタリ出くわしたら全部酒をおごるというもの。それでわざわざ僕たちが飲んでいる下北沢の店まで来たんです。

 当然、一緒に飲もうってなって、「何したいの?」って聞いたら、「いらないものを“いらない”って言える世界をつくりたい」って言ったんですね。それって僕、すごく共感できた。

 こんな仕事をしていると、差し入れとか頂くんです。もちろん関係者の方々の差し入れって、すごくうれしいんですよ。だけど、一般の方からの差し入れもありにしちゃうと、例えば、生ものだった場合とかって、処理しきれないんですね。どうなるかといったら、捨てられちゃうんですよ。劇場のゴミ箱とかって、食べ物がむっちゃ捨ててあるんですよ。本当は誰も捨てたくないんですけど、食べきれないし腐ってしまうんで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る