遠藤憲一、寺島進、大杉漣…連ドラ熟年三羽ガラスの共通点

公開日: 更新日:

 女の恋愛ものが目立ってウンザリな1月クールのドラマで、中年男優が奮闘している。今や欠かせない売れっ子ならぬ“売れ熟年ベスト3”といえば、まずは遠藤憲一(54)。

 ここ数年、連ドラで見ない時はないほど出ずっぱり。今クールも「逃げる女」「真田丸」(ともにNHK)、「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系)と3つも!

「お義父さん――」は主役で、28歳年下の彼女と結婚するため、彼女の父(同じ51歳)と張り合う冴えない中年サラリーマン役だ。「お義父さん!」と父に詰め寄り、「お義父さんはやめろ!」と言われると「パパ!」と呼んで笑わせたり、宴会シーンでは股間をお盆で隠しただけの裸踊りを披露したりするコメディー。

 シリアス系の「逃げる女」では殺人事件を担当し、「真田丸」では上杉景勝。つまり、土曜に刑事、日曜に武将、火曜は裸踊りと節操はないが、幅広く演じ分けるところが重宝されている理由だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る