フジ新番組降板 登坂アナが模索する“男版・近藤サト”の道

公開日:

 先月、フジテレビの新報道番組「プライムニュース」のキャスター就任を発表から10日足らずで“降板”すると発表した元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)。

 表舞台から姿を消してから間もなく1カ月が経過するが、フジテレビには、全国の“登坂ファン”の主婦から「女性問題くらいで私たちの麿さまを何で降板させるの?」という悲鳴にも似た問い合わせが殺到しているという。

 登坂アナは1年前に前妻とは離婚。本人的には“ミソギは済んだ”と解釈していたらしく、週刊誌報道の後にそれとなく出演辞退を勧告された時も納得がいかない様子だったという。

 それもそのはず、NHK職員の平均給与は2012年度で1185万円、さらに住宅や転勤、保険などの手当を含めると平均年収は1780万円まで跳ね上がるという。定年までNHKで勤め上げれば一生安泰のはずだったから無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る