安住アナにライバル心も? TBS安東アナ“退社決断”の勝算

公開日:

 安東弘樹アナ(50)のフリー宣言が波紋を広げている。アナウンス部次長としてTBS内の評価も高く、出世街道が約束されていただけに“最もTBSらしい優等生アナがなぜ?”と疑問しきりなのだ。

 一部では後輩の安住紳一郎アナ(44)の人気に敗北感を感じていたのでは、という噂もある。

「安東アナはオールマイティーゆえ社内の雑務もこなし、自身のキャパシティーを超えていたのは確か。それに比べ、安住アナは大物女優さんにも好かれ、局アナの域を越えて“キャラ勝ち”の感があり、世渡りのうまい安住アナを横目に自分もフリーになって勝負したくなったのかもしれません」(テレビ関係者)

■何でもこなせる“ザ・安定”の逸材

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「安住アナと安東アナでは求められるものが違うのでライバルにはならないのでは。それより、安東さんにとって今がフリーになる最高のタイミングだと思います。バラエティー、スポーツ、報道と何でもこなせて、知名度もある。しかも帯番組ができて、身辺調査も問題ない、まさに“ザ・安定”の逸材です。キャスターの降板問題が相次ぐテレビ業界で求められるのは“新鮮味”より“安定”ですから、フリーになるなら今でしょう。4月の改編には間に合わなくとも、9月のレギュラーもあり得るし、今後はオリンピック特番など引く手あまただと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る