フリー転身 TBS安東アナの背中押した高額“上乗せ退職金”

公開日: 更新日:

9日、TBSの安東弘樹アナウンサー(50)が、TBSラジオ「たまむすび」で、3月末退社を発表した。

 今後は「いきものがかり」らがいる大手芸能プロに所属し、フリーアナとして活動するという。

 安東アナは、1998年から2014年まで「アッコにおまかせ!」の進行を担当。“アンディ”の愛称で親しまれてきたが、最近は仕事に違和感を覚えていたようだ。

「安東さんは7年前にアナウンス部の部次長に昇進。後輩の指導やスケジュール管理に追われるようになり、大好きなドライブを楽しむ時間が減ってしまった。現場にこだわりたい気持ちもあったようです。TBSには早期退職制度があり、一定の勤続年数を超えると退職金が上乗せされます。安東さんの場合、通常の退職金に加えて2000万円程度の別途金をもらえるといわれています。合計4000万円くらいを手にできるはずです」(TBS社員)

 安倍首相と親しいTBS元記者・山口敬之氏も、早期退職制度を使って退職したという。現在、退職後に安東アナが帯番組のレギュラーなどを持つという情報はないが、しばらく生活には困ることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る