駆け出し時代は安酒で朝まで 国広富之さんが語る「酒歴」

公開日:  更新日:

 NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演することが発表された俳優の国広富之さん(64)。酒量は減ったものの、お酒をめぐるエピソードには事欠かない。

 ◇  ◇  ◇

 僕の酒歴――それは俳優としての歩みとともにあったといってもいいでしょうね。生まれ育った京都から俳優を目指して上京したのは1976年。京都学園大を卒業し、そのまま東京・大久保にあった養成所「松浦竹夫演劇研究所」に入所して、イロハを学びました。

 デビュー前だから生活費を飲食店のアルバイトで賄っていましたし、小遣いなんて知れてます。飲みに行くのはもっぱら新宿のションベン横丁や渋谷なら山手線沿いの高架脇にあった赤提灯街。焼酎や安い日本酒がメインで、確か1杯100円とか150円でした。カウンター越しに見てると焼酎は一升瓶が空くと一斗缶から漏斗で移してる。銘柄まで見てなかったけど、少なくとも高級でないことは確か。安いから二日酔いも強烈で、何度痛い目に遭ったか(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る