作曲家・都倉俊一さんの流儀 「オンザロックで最終確認」

公開日:

 昨年末、「NHK紅白歌合戦」を締めくくる「蛍の光」の指揮者に選ばれ、大役を果たした作曲家・都倉俊一さん(69)。これまで数々の大ヒット曲を生み出してきたが、お酒は不可欠だった。

 ◇  ◇  ◇

 父が外交官だったため小学校、高校をドイツで過ごしました。ドイツは音楽だけでなく、芸術系の情操教育が進んでるのでとても恵まれた環境でしたね。と同時に、ビールが普段の生活に溶け込んでるのを目の当たりにしてたから、帰国後、成人を迎えるや、ビールばかり飲んでました。ただ、作曲家として歩み始めた60年代後半から80年代の前半は曜日の感覚がなくなるくらい、毎日毎日仕事に追いまくられ、ゆっくり飲んだ記憶はあまりないですね。

 手がけた歌手はトータルで200人を超えています。フォーリーブス、郷ひろみ、山口百恵、フィンガー5、ピンク・レディーら当時のトップアイドルの作曲を同時並行で何曲も任されていましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る