• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作曲家・都倉俊一さんの流儀 「オンザロックで最終確認」

 昨年末、「NHK紅白歌合戦」を締めくくる「蛍の光」の指揮者に選ばれ、大役を果たした作曲家・都倉俊一さん(69)。これまで数々の大ヒット曲を生み出してきたが、お酒は不可欠だった。

 ◇  ◇  ◇

 父が外交官だったため小学校、高校をドイツで過ごしました。ドイツは音楽だけでなく、芸術系の情操教育が進んでるのでとても恵まれた環境でしたね。と同時に、ビールが普段の生活に溶け込んでるのを目の当たりにしてたから、帰国後、成人を迎えるや、ビールばかり飲んでました。ただ、作曲家として歩み始めた60年代後半から80年代の前半は曜日の感覚がなくなるくらい、毎日毎日仕事に追いまくられ、ゆっくり飲んだ記憶はあまりないですね。

 手がけた歌手はトータルで200人を超えています。フォーリーブス、郷ひろみ、山口百恵、フィンガー5、ピンク・レディーら当時のトップアイドルの作曲を同時並行で何曲も任されていましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る