作曲家・都倉俊一さんの流儀 「オンザロックで最終確認」

公開日:

 昨年末、「NHK紅白歌合戦」を締めくくる「蛍の光」の指揮者に選ばれ、大役を果たした作曲家・都倉俊一さん(69)。これまで数々の大ヒット曲を生み出してきたが、お酒は不可欠だった。

 ◇  ◇  ◇

 父が外交官だったため小学校、高校をドイツで過ごしました。ドイツは音楽だけでなく、芸術系の情操教育が進んでるのでとても恵まれた環境でしたね。と同時に、ビールが普段の生活に溶け込んでるのを目の当たりにしてたから、帰国後、成人を迎えるや、ビールばかり飲んでました。ただ、作曲家として歩み始めた60年代後半から80年代の前半は曜日の感覚がなくなるくらい、毎日毎日仕事に追いまくられ、ゆっくり飲んだ記憶はあまりないですね。

 手がけた歌手はトータルで200人を超えています。フォーリーブス、郷ひろみ、山口百恵、フィンガー5、ピンク・レディーら当時のトップアイドルの作曲を同時並行で何曲も任されていましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る