受験バラエティー化 田村淳「不合格」で青学が保った品位

公開日: 更新日:

 ロンブーの田村淳(44)が3日、受験した青山学院大の入試が全て不合格だったことを自身のインターネット番組「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」で明かした。

 今年は“芸能界の大学受験ブーム”で、オードリーの春日俊彰(39)も番組の企画で東大を受験、元AKBの須藤凜々花(21)も受験したが共に失敗。「サクラチル」に終わった。

 芸能人であれ誰であれ、“学びて時にこれを習ふ”のは喜ばしいことだが、その動機が不純であれば大学側が歓迎しないのは当然か。

 元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学、教育行政学)がこう言う。

「プロ野球選手の桑田真澄氏が早稲田大学の大学院に入学した時、早稲田は識者の中で格を下げてしまいました。学問的には極めているとはいえない人材を特別に入学させたことで、大学院としての見識が疑われ、結果的に大学の価値を下げてしまったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る