• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受験バラエティー化 田村淳「不合格」で青学が保った品位

 ロンブーの田村淳(44)が3日、受験した青山学院大の入試が全て不合格だったことを自身のインターネット番組「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」で明かした。

 今年は“芸能界の大学受験ブーム”で、オードリーの春日俊彰(39)も番組の企画で東大を受験、元AKBの須藤凜々花(21)も受験したが共に失敗。「サクラチル」に終わった。

 芸能人であれ誰であれ、“学びて時にこれを習ふ”のは喜ばしいことだが、その動機が不純であれば大学側が歓迎しないのは当然か。

 元大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学、教育行政学)がこう言う。

「プロ野球選手の桑田真澄氏が早稲田大学の大学院に入学した時、早稲田は識者の中で格を下げてしまいました。学問的には極めているとはいえない人材を特別に入学させたことで、大学院としての見識が疑われ、結果的に大学の価値を下げてしまったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る