欲しいのは「いいね」 若者は“給与”より“発信”を求めてる

公開日:

 最近の若手はモノやカネへの執着が薄く出世も望まないという。大人が受け入れるべき価値観とは――。

 ◇  ◇  ◇

 30年前と今とでは欲しがっているモノが全然違いますよね。今はモノがあって当たり前だから、所有欲はなくなります。出世を望まないというか、これからはロボットが代わりにやってくれるようになって、労働時間は減るだろうし、そうなると人間は週1、2日働けばいいんじゃないって考える人が出てきても当然で、実際にそういう未来に向かっている。「それでも週5で働け」とかやっちゃうと、未来が遅れちゃう。

 今の10代、20代は、上の世代が欲しいもの、欲しがるものを自分たちにも押し付けないでって思っているでしょうね。別に高級なところでご飯を食べたいんじゃない。打ち上げで、みんな一緒に缶ビールを片手にポテトチップスを食べる方が楽しい。車もいらないし、地方に別荘を持ってるとかってことが訳分かんないと思うんですよ。わざわざ遠くの別荘に行かなきゃいけないなんて、もう異次元だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る