• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欲しいのは「いいね」 若者は“給与”より“発信”を求めてる

 最近の若手はモノやカネへの執着が薄く出世も望まないという。大人が受け入れるべき価値観とは――。

 ◇  ◇  ◇

 30年前と今とでは欲しがっているモノが全然違いますよね。今はモノがあって当たり前だから、所有欲はなくなります。出世を望まないというか、これからはロボットが代わりにやってくれるようになって、労働時間は減るだろうし、そうなると人間は週1、2日働けばいいんじゃないって考える人が出てきても当然で、実際にそういう未来に向かっている。「それでも週5で働け」とかやっちゃうと、未来が遅れちゃう。

 今の10代、20代は、上の世代が欲しいもの、欲しがるものを自分たちにも押し付けないでって思っているでしょうね。別に高級なところでご飯を食べたいんじゃない。打ち上げで、みんな一緒に缶ビールを片手にポテトチップスを食べる方が楽しい。車もいらないし、地方に別荘を持ってるとかってことが訳分かんないと思うんですよ。わざわざ遠くの別荘に行かなきゃいけないなんて、もう異次元だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る